Categories
Blog

Actual Dolls and the Art of Hyper-Realism

個人の楽しみと友情の国で、本物の人形が基本的な方法として登場しました。これらのリアルで高品質なセックス人形は、セックストイ業界に革命をもたらしただけでなく、システム、倫理、そして私たちの恋愛に関する議論も引き起こしました。この記事では、本物の人形の背景、電子的進歩、個人的な影響、そして将来の可能性について詳しく説明します。セックス人形のアイデアは、合成皮革、布、わらなどの素材で作られた標準的なモデルを使用して、何年も前にさかのぼります。長い航海中の船員は、孤独に対処するために「ダム・ド・ヴォヤージュ」または「ダッチ ダッチワイフ ライフ・パートナー」とも呼ばれる間に合わせの人形を作りました。しかし、これらの初期の反復は、決して自然なものではなく、主に簡単な作業でした。セックス人形の現代の時代は、シリコンと高度な処理ソリューションの夜明けである20世紀後半に始まりました。 1990 年代半ばにマット・マクマレンが手がけたリアルドールは、大きな前進を遂げました。アーティスト兼彫刻家であるマクマレンは、単なるパフォーマンスを超えて芸術作品にまで昇華した、ナチュラルで高品質なセックスドールを制作しようとしました。 リアルドールは高品質のシリコンまたは熱可塑性エラストマー (TPE) で作られており、リアルな質感と弾力性、外観を備えています。内部の骨格は、さまざまな動きを追加してリアリティを向上させるなど、人間の活動を模倣するように設計されています。すべてのドールは、体型、フェイスリフト機能、縮れた髪の色など、さまざまなカスタマイズ要素を使用して、慎重に手作りされており、ユニークな雰囲気を醸し出しています。シリコンと TPE の使用は、リアルドールのナチュラルな感触と安定性を実現するために不可欠でした。これらの素材は低刺激性で、お手入れが簡単で、安全に使用できます。高度な成形技術と精密加工技術により、人形はモデルを忠実に模倣します。ロボット工学と人工知能 (AI) の統合は、リアルドールの歴史における新たなフロンティアです。リアルドールのポッパーである Abyss Handwork などの企業は、AI 技術を搭載したブランドを開発しました。これらの人形は会話を模倣し、顔の表情を表現し、感情に反応し、よりインタラクティブで魅力的な体験をもたらします。 Abyss Creations の AI 強化リアルドールのハッピー ストーリーには、アニメーション化された顔の表情や会話スキルを使用したロボット アクションが含まれます。ユーザーは、彼女の性格、動作、声、記憶をカスタマイズして、よりパーソナライズされた反応を得ることができます。これらのシステムを強化することで、友情や社会関係の特別な可能性が高まります。リアルドールは、セックスや恋愛に関する古い概念に疑問を投げかけています。なぜなら、リアルドールは、性的思考のための信頼できる秘密の手段だからです。他の人にとっては、彼らはパートナーとして機能し、発達的なサポートを提供し、孤独を癒します。この2つのプロジェクトは、人間とロボットの恋愛における親密さと倫理の側面についての議論を引き起こしました。リアルドールの無意識の効果は、ユーザーの間で変化をもたらします。一部の人は、ストレスの軽減、より良い雰囲気、友情の感覚など、肯定的な効果を報告しています。しかし、批評家は、偽のパートナーへの依存は、恋愛や社会能力の向上を妨げる可能性があると主張しています。 リアルドールの成長は、適切で意味のある交渉を示唆しています。認識、搾取、不健全なステレオタイプを強化する可能性などの問題は、これらの議論の焦点です。同時に、子供用人形の発明は、罰則を予防し、影響を受けやすい人々を保護するため、より厳しい規制を伴います。 本物の人形の近い将来は、継続的な技術にあります。 […]